Top


憂える国はどこへ行く?
2年で段階的廃止が大勢に=定率減税で自民党税調

なんとまぁ、この国の政治家は税金を上げることが、ほかの何よりもお好きなようです。

基礎年金の国庫負担割合を3分の1から2分の1に引き上げれば、年金不安を解消できることなどが縮小・廃止を支持する理由だった。

結局、これも国庫というからには、財源は税金です。
税金というからには、私たちが支払うわけです。
でも、日本のお家事情は、今にも燃え上がりそうなほどの火の車(いや、実際はもうすでに燃え上がっているのか)。
どこから、どう調整つけるのかねぇ? ワクワク。

なんだかんだ言って、消費税の税率を上げるだけでしょ?
その国庫負担の増額分をまかなうために。

よく言う、日本の税率は低いってコト。
確かに、世界的な規模で見れば、税率は低いのは確か。
でもね。
世界一、物価が高いのも日本なわけよ(笑)。

税率うんぬんで比較するなら、日本と同じくらいの物価の国、あるいは都市と比較しないと、
正確に「税率は低いんです」なんて言えないと思うんだけど。

しかも、食品にまで消費税かける国って言うのもどうなのかと。
酒やガソリン、灯油などの油も、どうなのかと(税金の二重取りっていいことなんですか? 教えて、偉い人)。

そんなに税金上げるのが好きなら。

クソの役にも立たない議員数、減らしなさいよ。
どんだけ給料・税金泥棒してるんだよ。

お役所の無駄遣い、やめなさいよ。
税金は、あんたたちのポケットマネーじゃないんだよ。
税金で自分たちが住むために、一等地にどでかい一戸建てやマンション建てるんじゃないよ。
バカ安い家賃設定、なんとかしなさいよ。

省けるムダを省かないで、増税一直線。
そのうち、国民大移動で海外移住、なんて起こっちゃいそうですね(笑)。
ハワイやグァムがいいわw

今の景気の状態で増税しても、結局、財布のヒモは固くなるばかり。
(ほかの国にお金を落としてくるオバサマ方は、たくさんいらっしゃいますけども)。

烏合の衆がどれだけ空っぽの頭を寄せ集めてみても、ワンパターンで貧困な発想しか
生まれないんです。
使えるお金が少ないのに、使えるお金以上に(ムダなことにばかり)使おうとするから、
自転車操業になるんです。

こんな分かり切ったこと、小学生でも理解できるのにね。
ってことは、小学生以下ですか・・・そうですか。
[PR]
by luna-7-moon | 2004-12-02 23:28 | つぶやき
<< -終わらない ぃゃぁ・・・ >>


日々のつれづれに・・・           BY:月
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧