Top


<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

よく頑張った
この前、市の子どもサークルに行ってきた。
同じくらいの年齢の子どもたちが集まるんだけど、5月から行くぞ~と楽しみにしていたのに、
たくがGWからカゼひいて、発熱3回、おまけに家族中にうつして回ったお陰で、1ヶ月も
お休みしてしまった・・・。

うちの近所は、高齢化が激しく・・・小さい子どもが本当にいない。
なので、少しでも同じくらいの年頃の子どもと触れ合う機会を・・・と思って、参加。

さすがに2回目に来た場所なので、場所見知り。
子ども×親で20人近く、保育士さんや保健師さんもいて、総勢25人くらいで、人見知り。
抱っこちゃん人形のように、足で私の体にしがみつく・・・。

ムリに引きはがそうとするとイヤがるので、そのまま抱っこして、しばらく一緒についててやる。
近くにいれば、わりと一人で勝手に遊んでるし。

2歳くらいまでの子の中に、一人、一回り大きな子がいて(3歳~4歳くらいかな?)、あれ? っと
思ったんだよね。

たくと一緒に、角のミニカーや車がある場所まで移動。
たくを前に、私がその後ろに座って、一緒に遊ぶ。

で、ミニカーや車のおもちゃがたくさんあって、たくが1つ取ろうとしたら。
いきなり、その大きな子にバチーン!! と顔を叩かれた。


たく、泣くかなと思ったら。
泣く寸前の、眉間にシワ寄せて、唇かみしめてる状態で、叩かれた場所に手を当てて、
泣くのを我慢してる。
な、なんて、けなげなの・・・(うるうる)。

たくも初めて会う子に、いきなり叩かれてビックリしたんだと思う。

自分の手じゃ我慢の限界だったのか、私の手を取って、叩かれた場所に当てる。
目をギュととじて、泣くのをこらえている。
家では、我慢しないで泣くのに・・・。
たくも、成長したんだなと実感。

すぐ隣にその子の母親がいて「ちゃんと、ごめんなさいは!?」って言ってたけど・・・
謝ってはもらえませんでした・・・。
つーか、ごめんなさいって言えば、なんでも許されると思うな、ヴォケ! とノドまで、
きておりました・・・えぇ。

その大きな子をずーっと見ていたら、もうすごいの。
自分が滑り台をやりたかったら、待ってる子をどついて、倒すし。
自分の好きなオモチャを取られたら、持ってる子を叩くし。
なんにもしていない子の背後から近づいて、いきなりどついて、倒すし。

半数以上の子が、その被害に遭って、泣くわ叫ぶわ・・・。
床にあごをぶつけたり、みんな歯が生えてるから、唇切ったりでなんか、凄惨なんですけど・・・。

お片付けのとき、と言っても、2歳前の子がなかなか遊ぶのってやめられないじゃない?
車のオモチャのテーブルのところに、例の大きな子がいたから、イヤな感じだったんだけど。
たくは車のオモチャが好きだから、片付けてる最中に、1つ、オモチャを取っちゃったの。
そしたら、また、あの大きな子が、いきなりたくを押して、たくは後ろへ倒れて・・・。

ちょうど、後ろに別のオモチャがあって、たくの支えになったお陰で、たくは床にゴッツンしなくて
済んだ。
ほんと・・・しばいたろかと。
このクソガキ、なにしよんねん! って思ったもん。

その大きな子は、怒られてもケロッとしてる。
叱られて泣いても、全然、こたえてない。
親が、なめられてるんじゃないですかね・・・。

その子には、下の子がいたんだけど・・・なおさら、「自分より小さな子」に対して、叩いたり、
押したりしたらダメ、いけないことだよって教えると思うんだけどさ。
親や大人には、叩いたりとか、全然しなかったんだよね。
自分よりも体の小さな子が、全部ターゲット。

保育士さんも、叱ってたけどさ・・・親がしっかりやらんとアカンでしょ・・・。

叩くとか、物を投げることに対してのしつけって、難しいとは思うけどね。
年齢的なものもあるし、言葉がうまく出ないとかのイライラもあると思うし。
下の子がいてヤキモチなのかもしれんけど・・・そんなとばっちりで、ケガさせられたら
たまらないよなー。
はー。

たくは、言葉が遅いと思う。
まだ、わんわんとか、ばいばいとか、繰り返しの言葉しか言えないし。
最近、ピングーを「ピンピン」と呼ぶ(笑)。
マンマ、ねんね、ブーブー、ちゅとか。

だけど、それなりに意思の疎通ができているから、楽しい。
別に、それでいいやーというテキトーな感じでやっています。
まともにしゃべりだしたら、ウルサイもん。
今以上に。
(いとこの当時2歳児を見て、本気で思った・・・)

今日は、自分のほっぺを指差して「ちゅ」。
キスしてって。
反対に、私にするときは、無理矢理顔を向けさせる(苦笑)。

抱っこしていて、背中から手を離すと「離しちゃダメ」って、手をつかんで元に戻す。
ギューっと抱きついてくる。
ぶつけたり痛い思いをしたら、「なでなでして」って要求する。
子どもって、面白いなぁって毎日思う。

こんなたくでも、旦那が帰ってくると旦那にベッタリ。
おかーさんはもう用無しかい! と悲しくなる・・・(涙)。
自分の時間を持てるからラクなような、でも、旦那を後追いするたくに寂しさを感じるような。
ちょっと切ない夕方なのです。
[PR]
by luna-7-moon | 2006-06-22 11:57 | 育児

これも成長?
今朝、起きてしばらくして、たくが「あ! あ!」と私を呼ぶ(旦那かも?)。
なんだよ~、もうちっと寝てろよ~と思いつつ、ちょっと切羽詰まった感じが気になって、
寝室へ。

ベッドに上がって、たくのところへ。
「あ! あ!」
んー、相変わらず、わけわからんな。

ふっと見ると、シーツの色が変わってるじゃないですか。
えっ???
濡れてる・・・・・。
吐いたのか? と思ったけど、全然、元気だし。

たくが座っている位置から見て、どうも、おしっこみたい・・・。
え? なんで、おしっこ?
オムツしてるじゃん。
漏れるほど、おしっこしたのか!?

と、たくの肌着をめくってみたら。






フルチンですよ、あーた・・・。







そのうち、たくが近くにあったバスタオルをつかんで、濡れたところに置いて、ゴシゴシ。
「キレイ、キレイ」
脱力・・・。

ほんっっと、おもろいわー。
素でコントやってるみたいやん(笑)。
しかも一人で(爆)。

たく、オムツを替えてほしいとき、自分でズボン脱いで、テープのオムツ取っちゃうんだよね。
それ以外にも、時々、外しちゃうんだけど。
パンツのときは自分で脱げないから、自分でズボン脱いで、ゴロンと寝転がって待ってる。

で、今朝も、何を思ったか、ズボンを脱いで、オムツ外して・・・外気にさらされて、
おしっこしたくなっちゃったんだろうね・・・。
シャーッとやっちゃって、ふっと我に返って、ヤヴァイことした? みたいな。

40センチくらい、飛ばしてましたよ(笑)。
あー、写真に残しておけばよかったな。
もったいない。
もう、旦那がシーツもマットも外しちゃった。

毎日しないでね・・・と切に願わずにはいられない。

ん~・・・予測不可能な事態ばかりだ(苦笑)。
[PR]
by luna-7-moon | 2006-06-10 07:24 | 育児

カゼ~~~~
ん~・・・そこはかとなく、家族のほとんどがカゼをひいているように思うのは、
気のせいかしら???
まぁ、原因は言わずとも、たくなのだがw

はー・・・ノド痛い~。
久しぶりに、滝のような鼻水、流れ落ちる鼻水を経験(スマン)。

(気合いのお陰か)熱は出なくて、鼻水ズルズル。
すぐに鼻が赤むけしてしまうので、ローションティッシュは手放せない(涙)。
今回は、前から気になっていた「鼻スッキリローションティッシュ」を購入。
う~、ハッカ~って感じ(笑)。

たくは、徐々によくなっているので安心。
はい。

やりたいこともたくさんあって、でも、なかなか、うまくいかない現実が歯がゆい。
う~ん・・・無い物ねだりなのかなぁ。

自分に余裕がないせいかなぁ。
そういえば、まったり過ごしていないかも・・・と思ったりもしつつ。

毎月、福祉センター育児教室みたいなものが開催されているんだけど、
毎回毎回、たくが調子を崩す。
ほんと、たくって、ある意味タイミングのいいヤツだと思うよ。
予防接種、健診、育児教室、結婚式、節句なんかのお祝い・・・ありとあらゆる行事の
前に、必ずと言っていいほどカゼを引く。

お前は、遠足前日に熱を出す子どもかと。
あー、そんなヨカンがありありですよ、もう。

今さらながらに、「おいでよ どうぶつの森」を買ってみたりした。
どこがスローやねん。
借金苦で働きアリ状態やんけ(怒)。

と、悪態をつきつつ。

はー・・・早く元気になりたい(>_<)。
[PR]
by luna-7-moon | 2006-06-08 16:52 | つぶやき

産まなきゃならない理由が見当たらない・・・追記
そうそう・・・この前も、無申請の着床前診断がなされたとニュースで流れました。
私の個人的な意見としては、この着床前診断には賛成です。
生命の選別とか、神の領域への侵入だの言われていますけども。

大体、妊娠すること自体が奇跡。
順調に胎内で育ち、無事にこの世に産声を上げること自体が奇跡。

不妊治療自体、すでに神の領域でしょうに、何を今さら。
エコーで見たって、羊水検査をしたって、異常が見つかることもある(そのためにやってんだし)。
で、なぜに着床前診断だけあかんのやと。
エコーでも、羊水検査でも、異常があったら、そこからむごいけども命の選別は始まっている。

私は、それをいいとも悪いとも言えない。
実際に産むのも、育てるのも、将来のことを考えるのも、その授かった本人たちにしか、
わからないことであり、決められないことだから。
どこまでできるかわからないし、どこまで許容できるのかもわからない。
自分たちが死んだら・・・というときのことまでも、産まれる前から考えなければならない。
それだけ、多くの命がかかわる、重みのあることだから。

習慣性流産とは、3回以上連続して流産することを言う。
私は女であり、母であり、自分のお腹で子どもを育てたからこそ、言える。
3回以上も流産したら、確実に死ねる。
肉体的にも、精神的にも。

1度目は、授かったことへの単純な喜び。
大きな幸福感を味わい、いずれくるであろう出産へ思いを馳せる。
そこで大切な命を失う経験をしてしまったら、次からは、不安や心配で頭がいっぱいになり、
毎日、生きた心地がしないだろう。
それこそ、息もできないくらいに。

妊娠初期での流産は、母親に責任はない。
胎児が成長する力がない、受精卵に異常があったなど、胎児側に問題がある場合が
ほとんど。

でも、そう説明されても、文字で読んでも。
いったん母親のスイッチが入った女は、自分を責める。
ありとあらゆる可能性を探り、ありとあらゆる理由で自分を責める。
そうしないと、耐えられないから。

なかなか、この気持ちは男性にはわかってもらえないかもしれない。
男性の産婦人科医にも。

女は、自分のカラダの中で命を感じている。
自分の中に、別の命があって、育てていることを感じている。

もっと、女性の、それも出産経験のある女性産婦人科医に、意見を言ってほしい。
生きた女性の声を、夫婦の声を届けてほしい。
最終的に産むのも育てるのも、あなたたち医師じゃない。
子どもを欲しいと心から願う、本人たちなんだから。

もし自分の奥さんが、その立場だったら、あなたはどうしますか?
切に子どもをと請う奥さんの願いを、言語道断と切り捨てられますか?
「子どもを欲しい」と思う気持ちは、倫理でどうにかなるものじゃない。
本能的な、欲望にも似た気持ちだから。

ニュースで読んだ記事では、7回も続けて流産したという。
どれほどの悲しみと苦しみと絶望を味わったのか。
このニュースを読んだとき、思わず泣けてしまった。
奥さん、よく生きて頑張ったな。
夫婦でよく乗り越えたな。
うまく言葉にできないけど、胸に刺さった。

その反面、中絶で毎日赤ちゃんの命が消えていく。
この世から、抹殺される。
矛盾していませんか?

この世には、100%、確実に妊娠を防ぐ方法があるというのに。
子どもをお持ちの方なら、卵管結紮、パイプカットで100%。
私は産める可能性があればもう一人産みたいので、そのときの帝王切開時に
卵管結紮をする予定(先生から説明されたよ)。

低容量ピルが認可されるも、保険適用されない。
そのため、続けていくには毎年ウン万かかる。
きちんと飲めば、100%妊娠を防げるというのに。
無駄に命を奪われる赤ちゃんを減らすことができるというのに。

この世の中、子どもが欲しくて欲しくてたまらないのに、産めない人もいる。
政府も、もっと、産む人ばかりでなく、欲しくて産みたい人に目を向けるべき。
子どもが欲しい人が子どもを産める・・・そんな世の中になればいいのに。

私は、着床前診断には賛成だけども、性別のために・・・というのは認めたくない。
どちらか一方の性で、この世の中は成り立たないから。
本人たちが求めるというのもあるけど、周りの余計なプレッシャーで、そうせざるを得ないと
いう夫婦も多いんじゃないだろうか。

夫婦二人の、それもプライベートでデリケートな問題なんだから、親だの他人だのが、
軽々しく「子どもはまだ?」「二人目は?」なんて口にするな、どあほ。
激しく余計なお世話じゃ、ボケ。
お前らのために、子どもを産むんと違うわ。
と、ワタクシも思っておりました。

そんなに子ども子どもって言うなら、テメエで産め。

言ってやりたいですよね、これくらい(笑)。

ほんと・・・なんにしても、遅れすぎてるわ、日本は。
[PR]
by luna-7-moon | 2006-06-03 01:17 | つぶやき

産まなきゃならない理由が見当たらない
<出生率>過去最低更新 東京都は初の1.00以下

出生率が3番目に低い北海道。
なかなか厳しいかなって思うな。
賃金安いし(ちなみに最低賃金、641円。子どもの駄賃かよ・・・)。

景気回復~って言っているけど、毎月、倒産企業が負債何億で出ているし。
原油高で、北海道の生活に不可欠な灯油もガソリンも値上がり。
北海道の経済は、まだまだ冷え込んでいる気がする。

で、東京や大阪なんかの大都市を中心とした議論に巻かれて、増税増税。
もともと給料低いところに増税されたら、生活できない家って多いと思うよ。

子どもは金がかかる。
幼稚園や保育所に行かせるだけで、学校に行かせるだけで、金がやたらとかかる。

かわいい、だけじゃ生きていけない。
育てられない。
なんせ、産んだら戻せない。
産まなきゃよかったなんて思ったって、後の祭り。
もう前向いて、育てて行くしかないんだから。

それに、連日のように親が子を殺す、子が親を殺す、小さな子どもが犠牲になる
ニュースが流れて、こんな世の中に産み出すこと自体が罪のようにも思う。
これから先の超・少子高齢化社会に向けて、大きな負債を背負わすのも不憫。

自分たちの老後だって安心できないし、ましてや、生活できるかどうかのラインを
さまよっている。
長生きなんかするもんじゃない・・・ほんと、そう思うよ。

富める者はさらに富み、貧しい者はさらに貧しく。
そのうちどこかに、アメリカよろしく、スラム街でもできるんじゃなかろうか。
あながち、それも夢物語とは思えないこの日本。

そうやって考えていくと、今の世の中、子を持つことが「幸せ」かと問われると
即答できない自分がいる。
もちろん、私も母親だけど、今の状態を考えると二人目はない。
欲しい気持ちはあっても、経済的に貧しくなってまで子どもをとは思わない。
(住宅ローンもあって、余裕もないし・・・)

子どもを欲しいと思っている人以外、産まなきゃならない理由がないんだろう。
幸せの基準、価値観の変化で、幸せの対象が変わっている。
育児に追われて、あくせくするよりも、優雅な時間を過ごす方がいい人だっているだろう。

私自身、幸せと大変が半々だもん。
100%幸せとは、言い切れないのが実情。
やっぱり、育児って人間対人間だから、ラクじゃない。

産んだ後も手厚く優遇してくれるなら、産むこともできるかもしれないけど・・・
自分たちの生活を破綻させることをわかっていながら、子どもを産むことは、
ただ無責任なだけ。
そんな家庭も、多いだろうな。

国会議員さんたちも、もう少し社会勉強した方がいい。
東京から離れて、全国各地津々浦々、見て回った方がいい。
あまりにも地方を知らなさすぎる。
東京だけ見てていいなら、国会なんていらない。
[PR]
by luna-7-moon | 2006-06-02 00:13 | つぶやき


日々のつれづれに・・・           BY:月
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧