Top


<   2006年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

その命の重さをどう理解するのだろう?
追突の男、ビール飲み運転 母、わが子救助で4度潜る

ネットのニュースではなく、新聞で読んだ。
水深6メートルの海、母は割れた窓ガラスの間を縫って、子どもたちを救出した。
息が続かなくてダメだった3回目、次こそはと潜るも、泥の中に沈んで行く車から
長男を救い出すことはできなかった。

父は子どもを抱え、ずっと立ち泳ぎをしていたと。
1歳でも10キロ近い、3歳なら15キロはあるだろうか。
海の中、浮力があるとは言え、かなり力がいったはず。

親子はカブトムシを捕りに行った帰りだったそうだ。
家族で楽しいひと夏の思い出を作った、その帰り。

無残にも、その家族の絆が引きちぎられた。

お母さん、よく頑張ったと思う。
自分も危機的状態の中、子どもを思い、子どもの命を思い、4回も海に潜り、
チャイルドシート(ジュニアシート)から助け出したというのは。
本当に、本当に、親の愛情あってこそ。

だからこそ、次男、長女が亡くなったという事実が、胸を締め付ける。
ここ最近、これほどまでに息が詰まるようなニュースはなかった。
お母さんの気持ちを思うと・・・。

やっぱりね、自分のお腹で育ち、1つの体で同じ時間を共有し、自分の体から
1つの命が生まれてくる経験をしたら、かけがえのないどころか、自分の命の一部、
そんな存在。
そんな存在を、1度に失ってしまうなんて・・・。

飲酒運転は、減ったのだろうか?
以前より罪が重くなっても、相変わらず、報道される数は変わっていないように思う。

車は、シラフの人間が運転していても凶器となる。
その凶器を、まともな判断ができない状態で乗ることは、殺人行為に値するのではないか。
明確な意思はなくとも、未必の故意になるのではないか。

大体、車が突っ込んできてよけられるだろうか。

厳罰化になっても、死刑くらいの極刑にならないと、襟元は正せないのかな。
無期懲役でも模範囚なら、わりとすぐに出てこられる日本。
アメリカ並みに、終身刑の導入や懲役230年とか、それくらいしてもいいと思うよ。
この国は、人一人の命が、罪に換えても軽すぎる。

親御さんのことを思うと、もう切なすぎて、苦しくなる。
どうかどうか、ご自分を責めることのないように・・・。
亡くなられた幼い3人が、安らかに眠れますように・・・。
合掌。
[PR]
by luna-7-moon | 2006-08-26 22:58 | つぶやき

なんでも気になるお年頃?
今日、とりあえず近くの形成外科へ行ってきた。
レントゲンを撮るのをイヤがって、発狂するする。
もー、みんな汗だく(遠い目)。

夕方、「今日、病院でたくさん泣いちゃった人~!」と聞いたら、
いつもはこういう質問には「はぁ~い」と答えるんだけど、ちょっと照れて笑ってた。
自分なりに、恥ずかしいという気持ちはあるみたい。

爪の状態は、ベロッとはがれたわけじゃないから、やっぱりネットで調べたように
絆創膏で押さえておけばくっつくと言われた(笑)。

この頃、たくはよく牛乳を飲む。
めちゃくちゃ飲む。
「にゅうにゅう、しゅる~(牛乳飲む~)」とウルサイ。

つい最近では、クルミ入りのパン(チーズも入ってる)が好きで食べるんだけど、
どうもクルミがお気に召さないようで、上手に取っている。
ある日、「おかーしゃん、ふんっ! ふんっ!」って言うから、何をやっとるんだ? と思い、
見に行く。

鼻の下に何かついてる・・・また鼻くそか? と思ったら、鼻の穴、ふさがってます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・orz



何を思って、クルミを鼻の穴に入れたりするんでしょう? (仮)2歳児は。
しかも、自分で入れて取れなくなって、ふんふんと鼻を鳴らしている。
スッポリ穴におさまったクルミはびくともせず、でーんと居座っている。

その内、たくが指でほじほじし始めたので、なんとか制止。
奥に行っちゃったら、耳鼻科に行かなくちゃいけなくなる・・・。

私の指でも全然ダメ。
仕方なく登場していただいた、我が家の耳かき・・・。
あっという間にクルミをかきだし、事なきを得たけども・・・。

言葉がしっかり話せたら、聞いてみたかったなぁ。
なんでクルミ入れたんだよって。

まだまだデンジャラスな時期が続きそうです。
[PR]
by luna-7-moon | 2006-08-26 17:00 | 育児

爪がはがれた
といっても、私じゃなくて、たく。
たくの足の爪が、ペロンと剥がれていた。

気づいたのが、午後の6時過ぎ。
痛がる様子もなく(痛がってたら、もっと早くに気づいてるわな・・・)、
血もまったく出ていないので、とりあえず靴下はかせる。

病院行くか~と思ったら、明日、土曜日なのね・・・。

どういうふうに治療するの? と思ったので、調べてみることに。
案外、血が出るほどとか丸ごと剥がれるのは多くなくて、
中途半端に剥がれていることが多いそうな。

しかも、爪を指にくっつけて、包帯で巻いたり絆創膏で押さえておけば、
2~3日でくっつくって言うじゃないですか。
そんだけですか!?
人体の不思議っすね。

てか、調べてるうちに、剥がれたとか流血とか痛いとか、重傷の方のコトバが
出てきて、ちょっと吐き気(汗)。
想像力豊かなもので・・・。

見た目痛そうなんだけど、たくは痛がることもなく、泣くこともなく、
いつもと同じように遊んで、飛んで、走って。
子どもって、不思議だ・・・。
[PR]
by luna-7-moon | 2006-08-25 22:58 | 育児

親という存在の薄さ
指切断などほかに5件 シュレッダー事故

以前のおしゃぶりに続き、今回も、またかと思わざるを得ない事件です。

親の中で、シュレッダーは、包丁やハサミと同じ「刃物」だという意識が薄かった、
もしくはなかったのだと思います。
包丁やハサミは手の届かないところに置くのに、どうしてシュレッダーは、
電源入れっぱなしでコンセント差しっぱなしにしておくんでしょうね?

子どもがやりたいといえば、包丁を渡すのか。ハサミを持たせるのか。

私が働いていた会社では、都度、コンセントを抜き差しし、電源を入り切りしていました。
やっぱり、刃物ですから。
本体にも、注意書きのでっかいシールが貼ってましたよ。
私はそういうの、まじまじと見ちゃう方なんだけど。

2歳なんて、赤ちゃんに毛が生えたもの。
だけど、その行動範囲は広く、その観察力は非常に鋭い。
目の前で道具の使い方なんぞ見せれば、たった1回で覚えてしまう飲み込みのよさ。
もちろん、自分でできることが増えて、あれこれ触りたがるし、
自分でなんでもやってみたい。

ちょっと段差があれば上ってみたくなる。
飛んでみたくなる。
気になったら、触ってみたくなる。
本当に好奇心の塊。
目に付く全てがオモチャだと言ってもいいほど。

ましてや、今主流のクロスカットのシュレッダーなんて、2歳児の子どもの目から
見たら、そりゃー不思議なブラックボックスだろう。
普通の紙を差し込むだけで、チップのような破片に変身するのだから。

業務用であればなおさら、使う人の年齢やスキルを想定していると思うし、
一般的には、職場に子どもは存在しない。
学校などであっても、常に子どもがいるわけではない。

自宅で仕事をしている方もいるだろうけども、ならば、なおさら仕事場に子どもを
入れることのリスクを考えなくちゃいけないと思うんだけど。

2歳児なんて素直に言うこと聞かないから、しつこく言わないとわからない。
面倒でも、しんどくても、言い続けなくちゃいけないことが絶対にある。
だって、シュレッダーが危険かどうかなんて、たかだか2歳の子どもに判断できないから。

なんでもかんでもメーカーに責任転嫁してるけども、その前に親としての責任は
どうなんだと言いたい。
自分で危険を判断できない年端も行かない子どもの親として、危険予測して、
先回りするのが親としての責任ではないのか。
自分たちの思慮と配慮の足りなさを棚に上げて、メーカーを批判するのもどうかと思う。

もちろん、安全対策は必要。
ただ、一方のみの安全対策では、結局のところ、効果は半分。
作った会社があっても、使う人間が別だから。
使う側の人間にも、安全対策が必要なのだと思う。

子どもには危険ですよと、わざわざ挿入口のところに危険告知のシールを貼っていても、
結局、使う側にそういう意識がないと、こういう事件が起こる。
親がかわいそうなんじゃなくて、事前に告知されている危険から救い出してもらえなかった
その子どもがかわいそうなんだ。

なんのための注意書きなんだろう?
赤になった信号を無視して、車を進めるか?
標識無視して、運転するか?

確かに2歳児、大変だけど・・・。
なんだかなぁ。
[PR]
by luna-7-moon | 2006-08-24 07:58 | つぶやき

斎藤狂想曲
早実佑ちゃんの青いハンカチを探せ!

あ~、日本って平和なんだね。
こういうことでバカ騒ぎできるなんて。

記事に、堂々と「佑ちゃん」と書く恥を知れ。
と、本気で思います。

マスコミも、もう少し考えた方がいいと思う。
放送被害、メディア被害といってもいいくらいの、この異様な過熱ぶり。
相手はたった一人で、まだ未成年の、一般人の高校生。

番組を作っているのがオトナなら、もっと襟を正してみたら?
ちょっと、この数日の分別の無さに辟易しています。

あんだけの試合数をこなして、やっと休めると思ったのに、
自宅にも帰ることができないなんて、可哀想・・・。
体だけでなく、肩の疲労もあるだろうに。

とある番組では、斎藤くんの母親と変わらない年齢のオバサマが、
ラブラブモード全開で応援しているのを放送してましたっけ・・・。
さすがに、ちょっと怖気がしましたね・・・。

勝手に文集だのなんだの持ってくるけどさ。
相手は、ただの一般人ですよ。
そこらへん歩いている子どもと同じですよ。
そんな人間のプライベートを暴いて、公共の電波に乗せて暴露してどうするの?

壮絶な試合を制して、んも~! 優勝旗2本作りなさい! って思うほど、
歴史に残る名勝負と栄光を、最後の最後で陳腐なゴシップにしないでほしい。
[PR]
by luna-7-moon | 2006-08-23 16:14 | つぶやき

魔の2歳児
たくも、来月で2歳です。
「魔の2歳児」って言うけど、1歳7ヶ月頃からすでにイヤイヤ期。

ちょっと、たくのタイミングを外すと、すぐに「ヤ!」と始まる。

たとえば・・・お茶。
出すのが少し遅くなって、すぐ飲めないと、用意されても「ヤ!」と拒否。
仕方ないから「ナイナイするよ?」としまおうとすると、「ヤ!」。
「じゃあ飲む?」と聞くと「ヤ!」。
を延々繰り返します。

寝るときも、おっぱいをまだ飲んでるんだけど・・・行くのが遅いと「ヤ!」が始まる。
飲まないならいても仕方ないので、「お母さん、あっち行くよ?」と立ち上がると「ヤ!」。
「パイパイ飲むの?」と聞くと、「ヤ!」。
を延々繰り返します。

私は気が長くないので、いい加減にキレて「そんなにイヤなら、飲まんでええわ!」と。
今日も「何してんねん! このクソガキ!」とキレました・・・。

万事が万事、こんな調子。
テレビにしても、食事にしても、おやつにしても、お昼寝にしても、水遊びにしても。
そして、毎日。
というか・・・1日、ヤ! ヤ! ヤ! の繰り返しで、こっちも頭がおかしくなりそう・・・。
神経すり減らしてます・・・。

これには、さすがの旦那もまいったようです・・・。
「そんな(ヤダヤダ))毎日、朝から1日やってるから」と、サラリと言ってしまったよ。
本当にスゴイんだから・・・。

言葉は相変わらず、遅いなぁ。
最近、ハッキリとした発音で話せるようになった言葉も。

たくは自分がどこかへ行くとき、一緒に行ってほしいと手招きをしながら「おいで~」と言う。
「おとーたん、おいで、おいで」とか、言うようになった。
面白いw
宇宙語をマシンガントークされ、なおかつ、こっちの反応を求められるのがつらい・・・。
いつか「かーさん、聞いてねーな」とわかる日がくるのだろうか・・・。

13日に花火大会があって、たくに初めて大きな花火を見せた。
たくには一度も花火を教えたことはないんだけど、絵本や新聞に載ってる花火を見ては、
いつも「キレイ、キレイ、ねー」って言うんだよなぁ。
妊娠してたときも、同じ花火大会を同じ場所で見てたんだけど・・・わかってるんだろうか。

たくは眠気もあってその内、イヤイヤが始まってフィナーレを見ることなく帰宅。
でも、次の日には、また花火の記事を見て「キレイ、キレイ!」と言ってた。
大きな音がするからビックリするかと思ったけど、全然平気。
上空を航空撮影のセスナが飛んでいて、たくはそれも、気に入ったみたい。

魔の2歳児・・・いつまで続くの・・・っていうか、始まったばっかり? もしかして。
いやー、そんなはずはない・・・そんなはずは・・・そんなはず・・・。
[PR]
by luna-7-moon | 2006-08-15 22:39 | 育児

アザラシ、見てきた♪
もう、先月の寒さはどこへやら・・・いきなり真夏になりました、えぇ。
今日なんて、34度超えましたよ。
本気でエアコン考えなくちゃいけません・・・(鬱)。

そんなこんなで、クーラーの効いた車へ避難。
はぁ、出たくない・・・。

今日は天気もよくて、どうしようかと。
たくを水遊びにつれていってやりたいけどなぁ。
どうするかなぁ。

と、思いつきで外出したため、すっかり替えのおむつやら、一式忘れる。
しかも、マクドで食事をしたのに、マクドのすぐ側のドラッグストアの存在を無視。
目的地付近でオムツを探してさまようも見つからず・・・。
あえなく、水遊びは断念。

で、今話題の(?)ゼニガタアザラシを見に行くことに。
自宅から1時間半~2時間程度のとろこに、1頭、ゼニガタアザラシが住み着いて、
今、超・人気者。
触っても、全然お構いなしなんだそうだ。

またしてもさ迷いつつ、なんとなく、それらしい場所を発見。
なんせ、子どもがたくさんいるからw

いましたよ~。
爆睡中。
めちゃくちゃ気持ちよさそうに昼寝してる♪
かわいい~~~。
ペンギンとかアザラシとか大好きな私は、ちょっと興奮。

今現在、ゼニガタアザラシは水産庁から絶滅危惧種に指定されている。
そんな貴重な生き物が、目の前で寝てますよ(笑)。
ほんと、すごく寝てる。

周りでどれだけ騒ごうが、超・マイペース。
人懐こい、って言われてたけど、ただ我関せずっていう感じ。
大体、野生動物相手に「人懐こい」ってどうなの、と思うし。

かまれたりした場合の責任問題もあって、触らないでというお達しだけど。
めちゃくちゃ、触られまくりですよ。
見てるだけで、かわいそうだった。

昼寝を邪魔されてイヤなのか、牙をむいて、何度か威嚇してたし。
そりゃーそうだよねー。
午後の昼下がり、風が気持ちよくて、波が気持ちよくて、いい気分で寝てるのにさ。
後から後からわいてきて、無遠慮に体のあちこち触って・・・腹も立つだろーよ。

うちは、写真撮るだけ。
あんまりにも気持ちよさそうに寝てるのが、かわいくて♪
閉じてる鼻の穴が時々、プワーって開くんだよ(笑)。
面白すぎ。

もちろん、たくも見るだけ。
つーか、たくは初めての海に大はしゃぎでしたけどね・・・。
着替えはなかったけど、タオルは持って行ってたんで、服脱がせて肌着で遊ばせた。
いつもとは違う水遊びに、帰りたくないとダダコネ。

たくは、本当に水遊びが好き。
だけども、夏場と言えど海のところは風も強くて冷たいし、海水の温度も低いので、
遅くならないうちに切り上げて帰り支度。

車に乗り込んで、アザラシちゃんを見る。
おばさんが、アザラシの体をパシパシ叩くわ、揺するわ。

おいおい! と、唖然としていると、その後からきた別のおばさん。
いきなり、アザラシの体を足蹴に・・・。
ふつー・・・蹴り入れるか~~~!?


人間にたとえるなら。
初対面で会った人間に対して、体、揺する?
体、叩く?
蹴り、入れる?

人間の世界で考えると、もう二度と顔も見たくない部類に入ると思うんだけど、こういうやつら。

ほんと、見てるとさぁ。
子どもは、こういうことしないのね。
ちょっと常識ないんじゃない? モラルないんじゃない? と思うことをするのは大人。
いい年した大人ばっかり。
ほんと、しつけのなってない大人。
人間だからって、なんなのさー。
環境破壊も、地球の温暖化も、動植物の住処を奪っているのも、人間なんだぞ。
傲慢だと思わないのかね。

来週、たくと一緒のアザラシちゃんの写真を撮りたいなって思うけど。
違うところへ行った方がいいんじゃないの? と思ってしまう・・・。
なんとゆーか・・・フクザツな感じだなぁ。

c0001221_22221791.jpg
↑ こんな調子で、延々寝てました。
しかも、寝返り打って・・・w
ケイタイのカメラで撮ったので、あんまりキレイに撮れてないです。

c0001221_22265272.jpg
↑ 伸び~~~っと、寝転がって、スヤスヤおねむ。
[PR]
by luna-7-moon | 2006-08-06 22:22 | スキナモノ


日々のつれづれに・・・           BY:月
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧